みりんたらさんの経緯

 

 

 廣瀬の巧妙な手口 (箇条書き)

10月22日、こちらの募集に対し、住所、氏名、連絡先、飼育環境等、必要と思われる内容を網羅したメールが届きました。
その翌日、こちらからのメールの返事を受けて、電話で連絡が入りました。
電話でいきなり連絡をしてくる人はほとんどいないので、珍しいと思いました。
離婚しているが、元の奥さんが身元保証人になってくれる、なのでぜひお見合いさせてくれと言っていました。
そのためお見合いの日程がすぐに決まり、H氏は数日後にお見合いにやって来ました。

そのとき両手に猫のひっかき傷が多数あったのですが、H氏はこちらが尋ねる前に、次のように話しました。
「不妊手術をするためにノラ猫を捕まえたときにひっかかれた。猫が好きなので、外で発情して騒いでいると近所から苦情がきてかわいそうなことになる。だから捕まえて病院に連れていっている。前の猫が世話になっていた病院があってその先生が手術代を安くしてくれて、半額の12000円にしてくれた。」
素手で捕まえたんですか?と聞くと、素手で捕まえたと言いました。
素手では危険ですよ。捕獲機があれば便利ですよ。と言うと、捕獲機に異様に関心を示していました。

希望していたのは生後3ケ月月弱の白黒のオスで、H氏はオスに強い興味を持っていました。
そして、まだ他にも1匹かわいい子がいると聞くと、そっちも見てみたいと言い出しました。
こちらも生後3ヶ月弱のキジ白のオスで、H氏は一目見るなり、この子にします。と言いました。
白黒の子は心臓に雑音があるんです、と言うと、それでもいいですよ、わかった上で引き受けます。と言ってくれました。
今にして思えば、そんな都合のいい話しはないと思うのですが、そのときは、いい人だなぁと単純に思ってしまいました。

結果的に、白黒のオスとキジ白のオスの両方を譲渡することになりました。

最寄駅まで送り届ける車中、H氏は、「動物虐待をする人間の話しをよくと聞きますが、まったく信じられないですよねぇ。あんなかわいい子たちにそんなひどいことをする人間がいるなんて、ほんとにひどいことですよ。」などと、こちらが聞きもしないのに語っていました。

お届けの日(11月2日)、私ともう一人のボラさん、保護主の3人でH氏の自宅へ向かいました。
保護主は、川崎で猫を虐待している男がいるという話しを友人から聞いていたそうで、男性の一人暮らしという点ですでに不安を感じていたようです。
でも、こちらに里親探しを頼んでいるという気持から、それを言えないでいたようです。
私としては、保護主の気持ちをくみ取ってあげられなかったことをとても申し訳なく思っています。

自宅は崖の上に建っている変わったアパートで、階段の途中に、大きな血だまりをぬぐったような跡がありました。
不吉な予感がしましたが、疑っては悪いという気がして、誰か転んで怪我をしたんだろうと言い聞かせました。

呼び鈴を押すとH氏が出てきました。
片方のまぶたに大きなできもののようなものができています。
両手には、新たな傷痕がたくさん増えていました。
また捕獲をして病院に連れて行ったと言います。これが2匹目で、最近ボランティア精神に目覚めた、と言っています。

部屋にはロフトが付いていました。先住猫は、そのロフトまで上がったり降りたりして遊んでいたそうです。
知人から譲り受けたアメショーで、老衰で亡くすまで10年間大事に育てたと言っていました。
写真を見せてくださいと言って見せてもらったのですが、その子の写真はパソコンの中に2枚ほどしかありませんでした。
蘭丸ちゃんという名前でしたが、とても老衰で死んだとは思えないような若い猫に見えました。彼はこちらが聞くよりも前に、そんな年寄りには見えないでしょう。若く見えたんですよ。と言っていました。
同じフォルダーの中に入っていたのは、その2枚以外はどれも違う猫の写真ばかりでした。(2枚ずつくらい30枚くらいありました。)
今思えば、他の猫たちの写真についても、どういった写真なのか確認すべきでした。
でも、その場で元奥さんとも普通に電話で話しをさせてもらったため、またもや安心できる人だと思いこんでしまいました。

もう少し何か聞かなくてはならないと思っていると、部屋に置いたキャリーの中に、犬のリードが大量に入っているのが見えました。
これは何に使うんですかと保護主さんが聞くと、
「先住猫を、留守中にこのリードを連結して長くしてつないでおいたんです。でもやっぱりだめですね。1回使っただけで使うのをやめました。外に出て階段を降りて一番下まで行ったら鳴き声がして、驚いて戻ったら、猫が棚から宙ぶらりんになってぶら下がっていて、驚いて放しました。」
という答えでした。
リードの危険性を伝え、そういうことはやめるよう言いましたが、冷静になって考えればおかしなことばかりです。
アパートの外階段を一番下まで降りると、そこからH氏の部屋までは高さが10メートル以上はありますから、部屋の物音など聞こえようもありません。
しかも、そのリードはどれもとても新しく、それがいまだにそこにある理由も分りません。
でも、その時点ではにこやかなH氏に対し、お断りするために必要な決定的な理由も見当たらず、そのままお譲りすることになりました。
条件面で問題があれば断るのは簡単ですが、主観的な理由でお断りするのはとても難しいと感じました。
その日は、子猫をお渡しして、子猫と一緒の写真を撮らせてもらい、誓約書にもサインと押印してもらって帰宅しました。

お届けの翌朝(11月3日)、8時過ぎに、H氏から唐突に電話が入りました。
単なる近況報告でした。近況報告のために早朝に電話をしてくるなんて、やっぱり変わっていると思いました。
パソコンを開くと、写真つきのメールも送られてきていました。名前もつけて、2匹とも元気いっぱいロフトに上り下りして遊んでいる、ということでした。

その日の夜、保護主の方から、やっぱりどうしても不安で夜も眠れないという連絡がありました。
写真つきのメールを見ても不安なのですと。
私はそれを聞いて、私も同じように不安な気持ちだったのに、どうして手渡してしまったのだろう、ここまで不安にさせる方に里親になってもらう必要などどこにもないと、ようやく目が覚めました。
それでも、もしかしたらやっぱりいい人なのかもしれないという気持ちがぬぐい去れなかったため、行動に移る前になんとか確証を得たいと思いました。
そこでH氏に電話をして、理由を付けてかかりつけの動物病院の名前を聞き出しました。(どうしてお見合いのときに聞かなかったのか、本当に悔やまれます。)
蘭丸ちゃんはそこに通ってらしたんですよね?のら猫の不妊手術もそこでしてもらったんですよね?と聞くと、そうですそうです、と2つ返事です。
それじゃ、先生に、Hさんのお名前を言えばすぐにお分かりいただけますよね?と聞くと、分ります分りますと、また2つ返事です。

その日はもう夜も遅かったので、翌朝(11月4日)、その動物病院に確認の電話をしました。
個人情報なのでなかなか教えてくれなかったのですが、H氏の手の傷のこと、そちらで半額で不妊手術をしてもらったと言っていることなど伝えると、危機感を持ってくださったようで、折り返しの電話で次のように回答してくださいました。
「蘭丸ちゃんという猫の飼い主で、Hさんという方はこちらにはいらっしゃったことがありません。不妊手術もしていません。ここはノラ猫だからといって手術料を安くすることもありません。その方と同姓同名の方は、8月に一度だけ見えていますが、その時に連れてきたのは、900グラムの三毛猫の女の子です。」

私は猫を取り返す決心をしました。
もう一人のボラさんに伝えると、会社を半休して来てくれるとのこと。主人にも同行してもらって、3人で急いで現地へ向かいました。
現地付近に着くと、ちょうど交番がありましたので、念のため立ち寄りました。
巡査に、この辺で動物虐待の噂などないか聞きましたが、そのような話しは聞いていないとのこと。
私は事情を話し、今後警戒して欲しいと伝えました。

H氏は在宅の仕事をしていると言っていたので、いるはずです。
アパートの階段を上ると、先日の血だまりに新しい血が増えているように見えました。
2,3段あがると、手すりのそばに、したたった新たな血痕があります。
恐怖のあまりどうかなりそうでしたが、ただただ子猫を助けたい一心でアパートの玄関に向かいました。
手渡してからまだ2日です。昨日は写真が送られてきている、まだ子猫は生きているはず、 そうあって欲しいと祈りました。

呼び鈴を押してドアが開くと、恐ろしい形相をしたH氏が立っていました。
手の傷をよく見ると、相当古い傷もあるようです。
親指に巻いた絆創膏からは生々しい出血の跡が見えました。
顔面も、目の上の傷というか腫れがひどくなっていて、片眼は激しく充血し、とにかく何か変調が起こっているようでした。
私は気力を振り絞って、「保護主の方が精神的に不安定な方で、男性の一人暮らしという点が心配でパニック障害に陥ってしまったので、子猫を返していただきたい、私としてはHさんにぜひ里親さんになってもらいたかったのだが残念なことになって申し訳ない」と伝えました。
H氏は突然柔和な顔になり、「そうなんですかぁ。それは気の毒ですねぇ。それじゃ、お返ししますねぇ。いいところにもらわれて行くんだよ~。」
と言って、2匹を部屋の奥のケージから連れ出してきました。
私たちは震える手で子猫をキャリーに納め、アパートを後にしました。

子猫たちは生きていましたが、鼻血が出ています。
元気もなくぐったりしています。

戻ってすぐにかかりつけの先生に診てもらうことにしました。
かかりつけの先生の見立ては違いました。
鼻血は、何かにぶつかったために出たもので、2匹とも眼底出血をしている。
白黒ちゃんは特にひどく、打撲で鼻筋が腫れている、と言われました。
また、今までこの子たちがかかったことのない風邪にかかっているようなので、その部屋には他にも猫がいたのではないか、と言われました。

怪我は、虐待とは言い切れないが、虐待の可能性がないとも言えないものでした。
でも目からも出血していたと思われるので、気づかなかったはずはない。と先生には言われました。
H氏は、取り戻した日のお昼にも保護主さんに写真つきメールを送ってきていました。元気いっぱいですと。
でも今になってその写真をよくよく見てみると、2匹ともすでに怪我を負っているのが分かりました。
ぐったりしているようで、手にも鼻にも血がついています。
どうして気づかなかったのかと悔やまれます。

その後の調べで、本人が子猫を「床にたたきつけた」と証言していることが分りました。
かわいそうなことをしてしまいました。
すべて私の不注意から起きたことです。
二度と里親さんを探すことなどできそうにありません。

   
  • 廣瀬の部屋にはケージやトイレが置いてあり、いかにも先住猫がいたように演出されていた。

  • ケージのハンモックは元妻が作ったと言っていたが、実は他の被害者の方が譲渡の時にあげたものだった。

  • ロイヤルカナンの子猫用のご飯が置いてあり、ちゃんと食事にも気を使っている人だと思い込んでしまった。

  • まるで猫友のようにメールがたびたび来て、子猫たちが元気な様子、自分がとてもかわいがっている様子が楽しげに書かれていた。

  • 避妊手術をしたなど、定期的に電話で報告してきて、すっかり信用していた。

  • 「友達が1週間ハワイに行くからと言って、子猫を2匹ボクに預けた。お前しか預けられるヤツがいないから、と。最初はシャーシャー言ってたけど、だんだん慣れてきた。友達がハワイから帰ってきてマカデミア・ナッツを持って迎えに来たとき、じつはオチがあったんです…そいつに向かってシャーって言ったんです(笑)」オチがすぐわかったので面白くなかったけど、いい人だな、と思った。

  • 「高校のとき、アルバイトして猫のサークルを買った」へえ、そのときから猫好きなんだな、と思った。

  • 「知り合いのおばあさんから猫を託され、その猫を先月看取った」。たしかに人のよさそうな感じがした。

  • 廣瀬は在宅勤務ということで、経済的、生活環境的に大丈夫なの
    か不安があったが、
     玄関の棚の上に本人の住所と名前が印字された空の宅急便の送付
    表が積まれてあり、
     ちゃんと仕事をしているんだなと思ってしまった。

  • 去り際に「今度はご主人と来てください」、その後メールでも
    「いつでも会いにきてください」と何度も言っていた。
     そんな人が猫をもらってすぐに殺しているなんて思えなかった。

  • メールで「子猫が鼻水をたらしているから、直接口で吸い出して
    あげている」
     「実はバツイチで子どもが3人いて、赤ちゃんの時にそうやって
    あげていた」と報告してくる。
     ちょっと過剰な愛情だなと思ったが、大切にしてくれていると
    思ってしまった。

  • 元妻と子どもたちは近くに住んでいて、子どもが時々子猫たちを
    見に来ると言っていた。
     友達も猫を連れて遊びにくると言っていた。
     引きこもり系かと思っていたから、人とのつながりがちゃんとあ
    るのだなと安心した。

  • まるで猫友のようにメールがたびたび来て、
     「ロフトに昇れるようになりました」「一晩中、大運動会を繰り
    広げていました」「一所懸命おしゃべりしています」「やたらに添
    い寝をしたがります」
     「暑くてハァハァ言っているので、エアコンの温度を低くしまし
    た。かわいいネコちゃんのためには節電15%なんて言ってら
    れません。命の方が大切です」
     「子猫の愛らしさを存分に楽しんでいる廣瀬より」
     など、子猫たちが元気な様子、自分がとてもかわいがっている様
    子を楽しげに報告してきた。

  • 食欲がないから病院へ連れていったら、熱中症のほか、食道が塞
    がり気味で先天的なものかもと診断されたとの報告を受けた。
     その後、病状の経過を毎日のようにメールでやり取りした。
     「小さいからオペはできないと獣医さんと悩んでいる」「小さな
    命を振り絞っている」「自力で食べられないから、自分が口元にご
    飯を持っていってあげている」
     など、献身的な看護の様子が送られてきた。
     (先天的な病気と言ってきたのは、もし何かあった時に言い訳に
    しようとしていたのか?)

  • 定期的に電話で様子を報告してきて、「ワクチンを接種した」
    「避妊手術をした」など、
     完璧なストーリーが組まれていて、ちゃんとやってくれていると
    すっかり信用していた。

  • ロフトの階段の下には足を滑らせて落ちた場合のケガ防止用にと毛布が置いてあった。

  • 新しいトイレに慣れるまでの間、粗相の可能性があると告げると「まだ小さいんだし汚れたら拭けばいいだけですよ~。○○ちゃん、好きな場所でしてもいいよ~」と優しく目線を合わせ話かけていた。

  • 優しい眼差しで老衰で看取った猫の思いでを話してくれた。心から愛していたんだなと心底思えた。

  • 動物愛護にも力を入れていて積極的にTNRなどをしていると話していた。

  • 男性の1人暮らしと言うだけで里親になるのもなかなか難しくて・・・虐待とかする人間がいるからただの猫好きな人間まで疑われる。虐待なんて許せない!と言っていた。









     

 


 

 

 

 取り戻したAさんの経緯

 

 

 廣瀬の巧妙な手口②

私は、募集サイトから里親応募してきたHに、猫2匹を譲渡しました。
その3日後、知人からメールがきました。
知人が募集サイトに掲載している猫に、Hから里親応募のメールが来た
という内容でした。その後、知人に電話し、相談をしました。
そして、短期間に猫を集めることはおかしいので、猫を取り戻すことにしました。
Hに電話をして、Hの家に翌朝訪問する約束をしました。

 翌朝、取り戻しに行きました。部屋の中は綺麗に片づけられていました。
ケージ内の猫達も異常無く普通でした。小さい子猫の足元が黒いことは
その時は気付きませんでした。
2匹をキャリアに入れて、帰宅の途に着きました。
(訪問し、私はHと2回目の接触をもちましたが
部屋の様子から、1回目よりHを信用してしまいました)

 私は帰宅途中、取り戻した猫の保護主さんに
「飼育環境は問題なく、あやしいところは何もありませんでした」
と、メールをしました。

 帰宅後、小さい子の方の足元が黒っぽいことに気付きました。
毛を掻き分けると、爪が短く切ってあり全ての爪から出血がありました。
大きい子の爪を見ると、小さい子と同じくらい(切った分)を切ってあり
短く切ってありました。体が大きいので、小さい子より爪も大きいためか
出血はありませんでした。
小さい子はその後、猫自身が出血跡をなめて
、数分後に見た時には
足元は綺麗になっていました。爪からの出血も全くみられませんでした。
その時は、爪をしっかり切ってくれて手入れをしてくれる飼い主さん
だと、勘違いしました。
帰宅したその日、2匹は以前のように仲良く元気に遊んでいました。

 Hが短期間に猫を集めた事・戻った猫の爪から出血があったことで
募集サイトの管理人にその不審点を伝え
「Hは不審人物である。他の掲載者がこの人に猫をだまし取られない様にして欲しい」
とメールをしました。
その後、Hが猫を集めている情報が入り再度、管理人にメールをしました。
同時に、Hが応募する掲載者と連絡を取りたかったので
里親検索にHのアドレスを入力しました。

 私がHに渡した猫達のうち1匹が深爪されていました。
私の譲渡した猫達が戻った後も、私がHに不審点を問いただし
メール・電話・訪問等で接触を続ければ防げたと思います。
私の後、Hに猫を譲渡した方達・Hの手に渡ってしまった猫達に
申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

 

 

むぎまるマミーヌさんの手記

 

 

 

男性の1人暮らしという点で私は一度譲渡は迷ったのです。

しかし、ブログで交流のある独身男性には愛情深く猫と接してらっしゃる方も多数いらっしゃいます。同時に男の1人暮らしだというだけで様々な差別も受けてとても迷惑しているとの悩みももっていらっしゃいました。

それで廣瀬との面会を実行しました。

猫という生き物が大好きだと、老衰で亡くなるまでずっと愛した猫を亡くしその子に似た軍手が欲しいと。

その子のエピソードやどれだけ大切に思っていたか奴はいけしゃあしゃあと語っていたのです。

身分証明書ももちろん提示してくれましたし誓約書も書くと言いました。     大切な子を貰い受ける以上、不安の残る事はしたくないのでこちらの条件は全て飲むとも言ってくれました。


廣瀬の家を訪ねた時に見た猫を飼っていた証拠、(毛やおもちゃなど
それらを見て、軍手を託す決心をしました。何より、軍手を見る眼差し、目線を同じにする話しかけ方、それらを見て疑う余地はなかったのです。

私が廣瀬宅を後にし家路につく途中に電話が来て名前を決めたと、「小太郎」と教えてくれた。

数日後、近況連絡が来て、ひとりじゃ寂しいだろうからおにぎりやあんこがまだ決まっていないなら引き取りたいと申し出てきたのです。

おにぎりやあんこを渡さなかったのは不幸中の幸いでした。

しかし、この時に私は違和感を感じたのです。

今までずっと1匹飼いだったのに何故急に3匹も飼おうと思ったのか、この事を突っ込んだら廣瀬との連絡は途絶えました。

メールアドレスは変更され、電話には出てくれません。

一緒に廣瀬宅に行った友人もしつこく電話かけつづけてくれてやっと連絡が取れましたが、

「元気で遊んでますから心配いらないですよ~」と。

その後、メールアドレスを変更した旨の連絡も入り、連絡し忘れとか何らかの理由で連絡つかなかっただけなのかな?と、安易に考えてしまいました。

だってまさかあの優しい男性が虐待なんてするはずがないもの!

「軍手君が喜ぶからちょくちょく遊びにきてあげてくださいね!いつでも居ますから」

その言葉を信じていたもの。


連絡取れない時点で家に行けばよかった・・・・

それ以前に、譲渡のために家を訪れたものの、軍手は私の後ろにずっと隠れていました。

もしかしたら自分の運命を感じ取っていたかもしれない。

どうして私は気づかなかったの?

帰り道、何度も廣瀬の携帯から着信があり、出ても全て無言。

折り返したら軍手がイタズラしてたとのこと。

あれは軍手からのSOSじゃなかったんだろうか・・・

ごめんね軍手・・・・

気付く事が出来なかった私が全て悪いの。


生きていてくれる事がもちろん一番うれしいけれど

もし、もう虹の橋を渡ってしまっているのならなんとか見つけてあげたいな。

それが、奴の罪を決定付けられる証拠になると信じて。

軍手がどんなひどい目にあわされたのだろうと考えると

頭がおかしくなりそうだよ。

誰かと会っていても新たな情報がないものかとついつい携帯開いてしまったり。

もうこんな目にあう子を作らないためにも里子に出される際は十分に気をつけてくださいね。

廣瀬が有罪になったとしても残念ながら何年も刑務所に・・・

なんて事はないでしょうからまた同じ事を繰り返しかねない。

私はもう知らない人に里子に出すのは怖いな。

もちろん、たくさんの子達が幸せになってるのは事実なんですけどね。

廣瀬許せない!同じ目にあわせてやりたい!

 

PS軍手

しばらく見かけなかった君のママが赤ちゃんを産んでいたよ。

寒いし近所でも虐待事件があったからママと君の兄弟達は保護したよ。

もしかして、君がそうさせたのかな?

もう里親探しはしたくなかったけれど君の分までこの子達が幸せになれるようもう一度頑張るね。

  サンプルテキスト。

 

 

 

 

 

サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。   サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。サンプルテキスト。