事件概要

2011年11/10、預かった猫を床にたたきつけてけがをさせたとして

 

麻生署は「動物愛護法違反」の疑いで廣瀬勝海容疑者を逮捕

 

 

 

12/1、他の猫二匹も虐待し殺した疑い

 

「動物愛護法違反」の疑いで会社員の男(45)を再逮捕

 

 

 

・『再逮捕容疑は、11月上旬ごろ

 

自宅アパート2階から猫2匹を放り投げた後頭を踏みつけるなどして殺したほか

 

同月7日ごろ、自宅近くの路上から猫1匹を鶴見川に投げ捨てて殺したとしている。

 

 

 

 同署によると、同容疑者はインターネットの掲示板を通じて

 

今年5月から11月にかけて猫10匹ほどを譲り受けた。

 

譲り主の女性(52)に「猫を川に捨てた」というメールを送ったことから発覚。

 

調べに対し、「殺すつもりでもらった。1人で生活することの不満や

 

仕事のストレス発散で何匹か殺した」と供述しているという。』(神奈川新聞社配信)

 

 

 

・『「川に投げた」とメールし、事件の発覚の発端となった猫の死骸も

 

(インターネット経由で容疑者が猫を譲り受けた)女性たちが見つけた。』(東京新聞社:川崎12/2付抜粋)

 

 

 

・今年5月よりインターネットの里親募集サイトを通じ

 

猫の里親を探している保護主40件以上50匹以上の仔猫に里親希望を問い合わせ

 

13件21匹の子猫をもらう。

 

 

 

・廣瀬に譲渡された猫は現時点21匹判明

 

*行方不明『13匹』

 

*遺体発見『3匹』(他、遺体目撃談が各1匹で計2匹あり注1

 

*廣瀬が譲渡者に返却『5匹』(遺体1匹・虐待痕2匹・虐待疑い2匹注2

 

 

 

・被害情報を全て入手することは困難なため、もっと多くの猫が犠牲になっている

 

ものと推測。

 

注1: 6/24アメショ柄子猫1匹・11/3白地猫1匹 (未確認情報)  

 

注2:1匹は、全ての爪において出血を認める深爪 

 

 

 

2011年12月21日 動物愛護法で起訴

 

2012年1月24日 詐欺罪で再々逮捕